本文へスキップ

市原市の産婦人科医院。有秋台医院です。

電話でのお問い合わせはTEL.0436-66-3838

〒299-0125 千葉県市原市有秋台西1-7

がん検診gynecology

子宮頸がんと HPV( ヒトパピローマウィルス)感染について

一般的な子宮頸がんは、HPV というウイルスの感染によって発生することが知られています。

このウイルスは非常にありふれたものなので、 性交渉を経験した方なら誰でももっている可能性があります。 たいていの場合は、風邪がなおるのと同じように自然にウィルスを除去できます(Fig.1)。 子宮頸がんになってしまうのは このウィルスの感染がうまく排除できなく、持続的に感染した状態がつづくからです(Fig.2)。

子宮頸がんワクチンはこの HPV 感染を予防するためにおこないます。 ただし、子宮頸がんの原因となるすべての HPV に対しての感染予防はできず(インフルエンザの型にたくさんあるのと同じです)、約 60%の予防効果といわれています。

一方で、一年に一度、がん検診をお受けになっていれば、約90%の方を前がん病変で捕らえることができるため、例え、予防注射を打っていても定期的ながん検診は必須です。

Fig.1 Fig.2
HPV年齢別感染率 異形成(前癌病変)から子宮頸がんへの移行

有秋台医院有秋台医院

〒299-0125
市原市有秋台西1-7
TEL.0436-66-3838
FAX.0436-66-7378
E-mail.nobutsuruoka@gmail.com