本文へスキップ

市原市の産婦人科医院。有秋台医院です。

電話でのお問い合わせはTEL.0436-66-3838

〒299-0125 千葉県市原市有秋台西1-7

治療方針policy&FAQ

産科方針

方針イメージ

丁寧に超音波検査を行うことで、胎児の状況を的確に把握し、わかりやすく妊婦さんやご家族にお伝えする。

そうすることで、お腹の中での赤ちゃんの成長を感じていただけたらと思っています。

骨盤位(逆子)や双胎(双子)でも、経膣分娩を試みることが可能です。

妊婦さんとご家族に納得のいくお産をしていただけるように心がけています。

正常分娩の流れについて

  1. 入院

    陣痛が規則的になる or 破水など、お産が近いと判断された場合、入院となります。
  2. 分娩

    赤ちゃん・お母さんとも、楽に安全にお産をして頂くために、外来で顔見知りのスタッフが病棟で皆様をお迎えいたします。ご主人やご家族も分娩室まで付き添えます。
  3. 分娩後

    母児同室制です。産後2日目(帝王切開後は5日目)から母児同室となり、お部屋でお世話して頂きますが、ご希望があれば、いつでもお預かりいたします。
  4. 退院


FAQ よくあるご質問

赤ちゃんが逆子といわれました。

骨盤位分娩は、ふつうの分娩(頭が先に生まれてくる分娩で、頭位分娩といいます)に比べて、胎児に危険がおよぶ可能性が高いことが知られています。

赤ちゃんの頭は、おしりやおなかより大きくなっています。頭から生まれる通常の分娩(頭位分娩)では、もっとも大きな頭が生まれてしまえば、そのあとおなかとおしりはほとんど抵抗なく、短時間に生まれてくることになります。
ところが、骨盤位分娩の場合には、おしりが生まれた後に、最も大きな頭引っかかって容易には出てこないことがあります。そのほかに、骨盤位分娩でおしりや足が下になっている場合、またの間の隙間に臍帯が入り込んで圧迫されたり、時には子宮の外に滑り出してしますことがあります。この場合には、臍帯の血液が流れにくくなり、赤ちゃんの状態が急激に悪くなるおそれがあります。

そこで、胎児の頭が骨盤に比べて大きい場合や、赤ちゃんが未熟児で弱いと思われる場合などには、経膣分娩をせずに帝王切開を行うことがあります(→こちらをご覧ください)。

GBS が陽性だといわれたんですけど?

GBS 陽性で検索をかけてこのサイトにいらっしゃる方もおおいのでまとめてみました。適切な対応をすれば、大きな問題になりにくいので、あまり心配しないでよいと思います(→こちらをご覧ください)。


有秋台医院有秋台医院

〒299-0125
市原市有秋台西1-7
TEL.0436-66-3838
FAX.0436-66-7378
E-mail.nobutsuruoka@gmail.com

after_chiid_birth.htmlへのリンク